インプラント

implantいぬきデンタルクリニックのインプラント治療

自分の歯のような見た目、噛み心地が手に入る

自分の歯のような見た目、噛み心地が手に入る

虫歯や歯周病などで歯を失うと、食事や発音などに影響が出ます。さらに多数の歯を失い噛み合わせる場所がなくなることでお顔の表情にまで影響が出てしまいます。失った歯をしっかりと作ることはお口の中の健康を維持するためには必要なことなのです。失った歯を補う方法には①入れ歯、②ブリッジ、③インプラントなどの治療法がありますが、インプラント治療では「隣の歯を削ることなく」、「自然な見た目」、「硬いお食事を噛める」などの審美および機能を回復することが可能です。いぬきデンタルクリニックでは、歯の喪失によって心身ともに悩みを持たれている方にインプラント治療を提案しております。

インプラント治療とは?

「第二の永久歯」をつくる治療

「第二の永久歯」をつくる治療

インプラントは、チタン製のネジを顎の骨に埋め込み、歯根から再構築する治療法です。従来法とは異なり「人工歯根」があることから、“第二の永久歯”と呼ばれることもあります。インプラントが本物の歯のように美しく、よく噛めるのは「人工歯根」が存在するからです。

当院のインプラント治療について
精密な治療を可能にするシミュレーションソフト

精密な治療を可能にするシミュレーションソフト

当院では、インプラントの理想的な埋入位置をシミュレーションできる専用のソフトを活用しております。ラボサイドともリアルタイムで情報共有できることから、綿密な治療計画の立案が可能となります。完成予想模型とCTデータのダブルスキャンによって行ったシミュレーション結果は、サージカルガイドの製作にも利用できます。

埋入手術の精度を高めるサージカルガイド

埋入手術の精度を高めるサージカルガイド

サージカルガイドとは、インプラントを埋入する際に基準となるマウスピース型の装置です。シミュレーションソフトによって導き出された理想的な埋入角度・位置・深さの情報が反映された装置なので、歯科医師の勘や経験だけに頼らないインプラント手術が可能となります。その結果、治療の精度が向上するとともに、術中・術後のトラブルも未然に防ぐことができます。

その他の治療法との比較

患者様に最適な補綴治療をご提案

失った歯を補う治療法としては、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つが挙げられます。それぞれ特徴が異なり、メリット・デメリットにも違いが見られることから、簡単に優劣をつけることはできません。実際、当院でも患者様のご要望をお伺いし、お口の中の状態を精査した上で最適といえる治療法をご提案しております。

インプラント

インプラント

〇天然歯のような快適な嚙み心地
〇天然歯のように美しい見た目
〇健康な歯を削らなくて済む

×保険が適用されないので費用負担が大きい
×治療期間が比較的長い
×外科手術が必須

ブリッジ

ブリッジ

〇保険が適用される
〇自分の歯に近い噛み心地
〇治療期間が比較的短い
〇自由診療なら審美性・機能性を追求できる

×健康な歯を大きく削らなければならない
×支えとなる歯に大きな負担がかかる
×歯茎とのすき間に汚れがたまりやすい
×多数歯が無い場合は適応できない

入れ歯

入れ歯

〇保険が適用される
〇治療期間が比較的短い
〇自由診療なら審美性・機能性を追求できる
〇故障しても修理しやすい

×硬い物が食べにくい
×装置が目立ちやすい
×人工歯の摩耗や床の破折が起こりやすい
×発音しにくい

インプラント治療の流れ

STEP01 精密検査・診断

患者様のお口の中や顎の骨の状態を正確に把握するために、口腔内診査、口腔内写真撮影、レントゲン・CT撮影などを実施します。
*検査結果によってはインプラント以外の治療法をご提案することもあります。

STEP02 カウンセリング

カウンセリングではまず、患者様のご希望をお伺いいたします。どのような症状にお困りで、どういった治療を希望されているのか丁寧にヒアリングした上で、最適といえる治療法をご提案します。インプラントに関する疑問や質問にもすべてお答えします。

STEP03 治療計画の立案・説明

検査結果をもとに治療計画を立案して、患者様にご提案します。当院はインフォームドコンセントを徹底しておりますので、わからない点や不安に思うことがありましたら遠慮なくご質問ください。患者様に心からご納得いただけた上で治療を開始いたします。

STEP04 手術前処置

事前の検査で、その他の部位に虫歯・歯周病が見つかった場合は、それらの治療を優先します。顎の骨が不足している場合は、再生治療などを実施します。
できる限り治療期間が短くなるような治療計画を立てさせていただきます。

STEP05 インプラント(人工歯根)の埋入手術

インプラントの埋入を行います。難易度の高いケースなどではシミュレーションをもとに製作したサージカルガイドを使用する場合もあります。インプラント埋入手術には「1回法」と「2回法」があります。「1回法」の場合は治癒期間を経てすぐに上部構造(インプラントの被せ物の部分)の治療に入っていきます。「2回法」の場合は一定期間を置いてから2次手術を行います。「1回法」か「2回法」どちらの治療方法を選択するかは術中の状態によります。

STEP06 治癒期間

インプラント(人工歯根)が顎の骨と結合するのを待つ期間です。上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月程度の期間を要します。

STEP07 上部構造(インプラントの被せ物の部分)の製作・装着

インプラント(人工歯根)の状態が安定したら、人工歯に当たる上部構造を製作します。型取りから1~2週間後、完成した上部構造を装着し、治療が完了となります。

STEP08 メインテナンス

インプラントは、虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性はあります。また、装置の破損などを放置すると、深刻なトラブルを招いてしまうことから、治療後のメインテナンスは欠かさないようにしてください。セルフケアとプロケアを両立させることで、インプラントをできる限り長く使用することが可能となります。