前歯部叢生(前歯のガタガタ)を矯正治療およびセラミッククラウンで治療した症例

こんにちは。

いぬきデンタルクリニック院長の井貫です。

今回は前歯部叢生(前歯のガタガタ)を矯正治療とセラミッククラウンで治療した症例をご紹介いたします。

前歯のガタガタの治療は矯正治療だけでは治らない?という疑問もあるとは思いますが、順を追って説明していきます。

 

歯部叢生(前歯のガタガタ)を矯正治療とセラミッククラウンで治療した症例

 

術前

患者様は前歯のガタガタと色の合っていない被せ物が気になるとのことでした。

この状態での治療の選択肢としては、

①被せ物だけをやりかえる

被せ物だけをやりかえるという治療法については、色が変色している被せ物しか綺麗になりません。

また、このようなガタガタの歯の治療として全ての前歯を削り、被せ物である程度歯並びを変えるいわゆるセラミック矯正という治療も存在します。この治療方法は決して、根本的な歯並びの改善になるわけではないので、完全に綺麗な状態になるわけではありません。さらには綺麗な天然の歯も削ることになるので、長い目で見た時の歯の寿命に影響を与える可能性があります。

 

②矯正のみを行う

このようなガタガタの歯並びの場合、矯正治療が第一選択肢となります。矯正治療ではセラミック矯正と違い、歯を削ることなく歯並びを変更することが可能です。また歯並びを改善することで、磨きやすくなる、噛み合わせがよくなる、審美的に良くなるなどの患者様に対するメリットが多々あります。

しかし、今回のような歯並びだけでなく被せ物にも問題がある場合には、歯並びを改善したとしても被せ物は汚いままです。

 

③矯正治療を行い、被せ物の治療も行う

今回のような被せ物にも問題があり、歯並びにも大きな問題がある場合には、矯正治療と被せ物の治療を複合した治療が最善の治療といえます。

矯正治療を行うことで、セラミック矯正のように大きく歯を削ることなく歯並びを改善でき、さらに被せ物をセラミッククラウンに置き換えることでより審美的で美しいお口元を改善することができます。

 

今回は患者様と相談して、歯並びも綺麗に改善して、さらに被せ物の治療も行う流れとなりました。

 

矯正開始時の状態

矯正治療には①ワイヤーを使用した矯正治療と、②マウスピースを使用した矯正治療の2つの選択肢があります。

本症例の場合はワイヤーを使用して矯正治療を行うことを患者様が望まれたため、ワイヤーにて矯正治療をおこなっております。

まず、被せ物の治療を行う前にワイヤー矯正にて歯並びを整えます。しっかりと歯並びを整え終わってからの方が、被せ物の大きさのバランスや向きなども調整しやすいのです。

 

矯正治療中の状態

最初と比較すると歯並びが改善してきているのがわかります。また本症例の場合は前歯のガタガタ度が非常に強かったため、抜歯を行い、そのスペースを使用して綺麗な歯並びへと近づけていっています。

 

最終補綴装置を装着した状態

最終的な治療後です。

矯正治療終了後に古い被せ物を除去し、再度被せ物を作り替えました。

最初の歯並びで被せ物を作ってしまうと、犬歯の歯並びは変わりませんし、歯の大きさのバランスも悪くなってしまいます。

歯並びが元々悪い方の場合、矯正治療なしでセラミック矯正の治療はこのような全体的な美しいバランスを作った被せ物を作成することは不可能です。

 

まとめ

被せ物の色が悪い、被せ物の形が気になるなどでお悩みの方は、是非一度ご自身の歯並びも確認してみてください。このように大きな歯列不正がある場合には、矯正治療を併用して被せ物の治療を行うことでより審美的で全体の調和が取れたお口元に改善できる可能性があります。

 

年代・性別 50代男性
主訴 前歯の歯並び、古い被せ物が気になる
治療内容 矯正治療、前歯部のセラミッククラウン
費用 ¥130,000×4(税別)+¥600,000(税別)
期間 2年6ヶ月
リスク・副作用 しっかりとした診査診断ができていないと正しい治療効果が得られないことがあります。

 

 

当院の矯正治療はこちらを参照ください。

https://www.inuki-dc.com/orthodontics.html

当院のセラミック治療はこちらを参照ください。

https://www.inuki-dc.com/aesthetic.html

 

監修者情報

歯科医師(院長) 井貫 幸一

歯科医師(院長) 井貫 幸一

歯科医師(院長) 井貫 幸一

  • 2013年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
  • 2022年 いぬきデンタルクリニック 開業

患者さまの生涯にわたりお口の健康を維持し、笑顔あふれる生活をサポートできればと考えております。
お口のことでお悩みの方もそうでない方も是非一度お気軽にご相談ください。

院長紹介はこちら>>